【きずな出版定期講演会】ゲスト:小橋賢児さん/MP:岡崎かつひろさん

みなさま、こんにちは(^^)

きずな出版主催、小橋賢児さんの講演会に行ってきたため、

その内容をシェアします♪

小橋賢児さんとは?

 

LeaR株式会社代表取締役。クリエイティブ・ディレクター。
1979年、東京都生まれ。1988年に俳優としてデビューし、NHK朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」など、数多くの人気ドラマに出演。2007年に芸能活動を休止。世界中を旅しながらインスパイアを受け、映画やイベント製作を始める。2012年、長編映画「DON’T STOP!」で映画監督デビュー。同映画がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティアワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞。
また「ULTRA JAPAN」のクリエイティブ・ディレクターや「STAR ISLAND」の総合プロデューサーを歴任する。「STAR ISLAND」はシンガポール政府観光局後援のもと、シンガポールの国を代表するカウントダウンイベントとなった。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会主催の「東京2020 NIPPONフェスティバル」のクリエイティブ・ディレクターにも就任。さらにキッズパーク「PuChu!」をプロデュースするなど、世界規模のイベントや都市開発などの企画運営にも携わる。

引用:きずな出版公式サイト

 

簡単に説明すると、

子役

俳優

映画監督

イベントプロデューサー

 

と、華やかな経歴を持った方

が、著書『セカンドID』やこの講演会でも話があったように、

そう簡単にはいっていません!

 

波乱万丈、時には生死の境をさまよい、

試行錯誤しながら歩んできた人生がイマだとか

 

そんな小橋さんの講演会の内容ですが、

全部素晴らしい!が、その中でも特に良かったエッセンスを抽出

 


・世界一周して、自分がなんでもできる気になっていた
・わくわくがないのは、いまの枠から出ていないから
・今日あったことは、将来に振り返って意味が出る
・自分の常識を疑う。非常識だと思ったとき、
 その常識はどこから来ているのか?
・自分の常識に当てはめてイライラしない
・全人類クリエイターになり、アートを感じる
・伝統を守るのは究極のファン
・違うコミュニティで、新しい自分、人格を試す(セカンドID)
・自分がやりたいことが、世間がやりたいことになっていないか
・鳥肌は裏切らない
テキストだけだと、伝わらないところは多いと思います
きずな出版もそうですし、オンラインサロンみたいなものもありますので、
興味がある人は調べてみてください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です