美容院難民の私の話

美容院

10年以上通っていた美容院の担当者が寿退社をした

嬉しい話

だが、、、

 

「いまさら、知らない人に髪を触られたくない」

 

その気持が強い……

個人的には、死活問題である

 

「前回のすごく良かったので、あれをベースに、ちょっとパーマ強めにしてください」

 

そんなオーダーができなくなるわけで。。

 

そこで改めて思ったことがある

 

何をやるかではない

誰がやるかだ

 

 

あなたの仕事は「あなただから」やれていることですか?

それとも、誰でもいいようなことでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です