鷹匠裕さんの本・書籍『帝王の誤算』書評まとめ

帝王の誤算

著者:帝王の誤算

タイトル:帝王の誤算

 

あらすじ

日本最大の広告代理店「連広」の常務に就任した城田毅は、その存在感を示すべく、さまざまな事業の指揮をとる。各業界のトップ企業の広告扱い独占、広告第二位「弘朋社」への圧力など、手段を選ばず強行した。一方、過労死した連広社員の妻だった真美は、「思いやり雇用」制度によって連広に入社し、城田の秘書となった。真美は「夫は連広に殺されたのだ」と憎悪の心を持って、夫の死の真相解明に乗り出す。しかし城田の間近で働くうち、やがて彼の魅力にも惹かれていく。城田は「帝王」として君臨し、やがて社長に就任するが、後継者として育てた腹心の裏切りに直面する…。すべての企業人に捧げる傑作ビジネス小説。

 

第一章 新米秘書

第二章 剛腕

第三章 異形の権力

第四章 首都燃ゆ

第五章 第二の性

第六章 新たなる標的

第七章 ガラパゴス

第八章 暗闘

第九章 城田イズム

第十章 雪辱

第十一章 変革の渦

第十二章 宣告

第十三章 反乱

第十四章 炎上

第十五章 告白

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です