帝王の誤算〜第四章〜

帝王の誤算

その剛腕ぶりで様々な実績をつくってきた城田

前章では城田の、人間味のある姿が描かれていた

本章ではそんな城田が……

 


 

第四章の舞台は都知事選挙

東京都で動く予算は世界最大級で、ヨーロッパの中級国を超える規模を持つ

連広としては、扱いやすい人間を都知事にすることで、その予算を自由に動かしたい、という考えがあった

 

そこで城田が目をつけたのは、公共放送NHCの前・報道局長の「阿曾村(あそむら)」だった

阿曾村は奇抜なファッションで人気があった

そんな阿曾村と城田は交流があり、また阿曾村自身も、日本を代表するような顔に興味があった

 

阿曾村を当選させるために様々な手を使う城田

時には大物政治家の力も借りた

城田自身、人を見る目には自信があったし、阿曾村の人間性を理解した上で望んだ都知事選

 

結果は「敗北」

……

 


 

剛腕ぶりや、その人間性を描かれてきた城田

ここで来て初の失敗

物語はこのあと、どう進んでいくのか……

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です