憂鬱な毎日は“いますぐ”やめなさい。〜Chapter4〜

発泡酒

憂鬱 with 発泡酒(糖質0)

ある経営者は言った「健康が最も重要」と

/(^o^)\


さて、Chapter4

主人公の斉藤正は、いよいよ憂鬱な日々を抜けつつある

彼がやったことは、経営者である戸川の教えを一つずつ実行すること

 

・親元を離れる。職住接近

・朝の時間の活用

・読書

・仕事の棚卸し。仕事に追われない、追う

 

どれも、ひとつひとつは非常に簡単なこと

誰でもできること

誰でもできることを愚直に実践してきた斉藤は、徐々に変わりつつある


本章では、仕事をする上で憂鬱にならない具体的な方法が書かれている

その中心にあるのは『時間の使い方』

 

・なぜ、残業するのが当たり前になっている?

・仕は、与えられた時間に合わせて、膨張する(パーキンソンの法則)

・ぶっちゃけひとりぐらいいなくても仕事は回る

 

また本章の最後には、『仕事のスピードを2倍にする方法』という素晴らしい、ぜひ実践したい項目がある

要約すると、、

 

・やり方を悩んでいないで、わかる人に聞いてさっさとやれ

・やり始めたら、完成度10%〜20%ぐらいで一度確認してもらえ

 

以上!

実にシンプル、、

実際に仕事をしている中で、この2つほど即実践できる内容もないと思う

明日からぜひ実践しようと心に誓い、2本目の発泡酒をあける

発泡酒

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です